トップ / 安産のためにすべき運動

助産院で安産を目指す

安産のためにすべき運動

助産院で安産を目指すなら運動

妊娠、出産そして産後すぐにスタートする育児。
これらに重要なのは何と言っても体力です。体力を付けるためには運動が必要不可欠。妊娠中でも助産師や医師の指導の下で運動することが大切です。
しかし妊娠初期は流産の危険性があるので、安定期に入るまでは控えた方が良いでしょう。
またお腹が張ったり体調が優れない時も無理して行なう必要はありません。
あくまでも体調が良いことが基本です。

妊娠5ヶ月頃の安定期に入ったら妊婦体操、ウォーキングや水泳、マタニティヨガなどがおススメです。
体力がつくだけではなく体重の増え過ぎを抑えたり、新陳代謝や血行も良くなるというメリットがあります。手軽に出来るウォーキングは下半身を鍛えることにも繋がります。筋肉や関節を丈夫にすることは大きなお腹を支える上で非常に重要。靭帯も柔らかくなるので骨盤を広げる効果もあります。

マタニティヨガは心身をリラックスさせるだけではなく、体の柔軟性をアップさせ、骨盤矯正にも効果があるとされています。骨盤を広げたり、歪みを治すことは安産への第一歩です。
またヨガで学ぶ呼吸法は出産を楽にするので、安産を目指す人にはおススメです。
妊婦体操は股関節を広げたり盤底筋を鍛えることに役立ちます。地域の保健所などでも行なわれているので、誰でも参加しやすくプレママの友人が出来やすい環境と言えるでしょう。

助産院では「自分の力で産む」ことに重点を置いているため、出来るだけ安産になるような指導が積極的に行なわれます。特に運動や食事については細かくチェックされることが多くなります。
妊娠中はついつい体を動かすことが面倒になりがちですが、ウォーキングやヨガなどの運動を取り入れることで安産に繋がる可能性も高くなります。これらは妊娠中に起こりやすい体調不良やストレスを軽減し、食欲や体重を適切なレベルに維持して心身を安定させる効果もあるので、積極的に行なうようにしましょう。

Copyright © 助産院で安産が可能である. All rights reserved.